黒にんにくカレー メイン画像

「家族みんなの健康づくりに」

三重大学と共同開発した黒にんにくをふんだんに使った黒にんにくカレーです。通常のカレーの色よりも黒く、見た目にも黒にんにくが感じられます。

製法特許(第4033296号)を取得した特殊製法によりにんにく臭は、一切ありません。

ポリフェノールは、生にんにくのなんと10倍以上も含んでいます。

ポリフェノールとは?
ポリフェノールとは、植物の光合成[※1]に伴って生成される植物の苦みや渋み、色素の成分となる化合物の総称で、自然界に5000種類以上存在します。
ポリフェノールは植物の葉や茎、実などに含まれており、ビルベリーや緑茶など色が濃い、または渋味が強いものに豊富です。
「ポリフェノール」の「ポリ」は「たくさんの」という意味で、「フェノール」はベンゼン環に水酸基(OH)が結合した化合物です。
水酸基には活性酸素を捕えて除去する能力(抗酸化力)があるため、ポリフェノールは抗酸化作用を持った成分であるといえます。活性酸素とは、人間の体内に存在している物質であり、外界から侵入してきた細菌やウイルスを撃退する役目を担った物質です。
しかし、活性酸素はストレス、喫煙、紫外線などの様々な要因によって必要以上に体内で増加してしまうと、体内のたんぱく質、脂質、DNAなどを傷つけ、老化や生活習慣病の原因になるといわれています。
ポリフェノールが持つ抗酸化作用は、活性酸素を除去する作用を持つため、様々な病気に対抗する力やアンチエイジング効果が期待されています。
動物よりも植物のほうが長寿であることが多いのは、ポリフェノールの抗酸化作用による影響が大きいと考えられています。
ポリフェノールは水に溶けやすい成分であるため、摂取してから比較的短時間で抗酸化作用を発揮するとされていますが、その効果は長期間持続できないため、毎日継続的に摂取することが効果的です。

 

黒にんにくカレーを使った簡単レシピで多彩なメニュー

黒にんにくカレーうどん 黒にんにくカレースパゲティ

黒にんにくカレーラーメン 黒にんにくカレードリア

黒にんにくカレーピザ もちろんそのままでもおいしい!黒にんにくカレー

 

商品情報

黒にんにくカレー

お問い合わせはこちら